ワンピース雑学

【検証】王下七武海のモデル「七英雄」

ワンピースの王下七武海には元ネタとされるキャラクターたちがいます。それがロマンシング・サガ2の登場人物「七英雄」です。

 

巧妙に海を生きる海賊『王下七武海』

 

ワンピース DX王下七武海フィギュア Vol.1~Vol.4 全8種セット

さらっと王下七武海のおさらいです。
王下七武海とは世界政府公認の7人の海賊たち。
そのとんでもない強さから、海軍本部、四皇に並ぶ三大勢力の一角に。
ボスキャラ7人の勢力。

①サー・クロコダイル
②”鷹の目”ジュラキュール・ミホーク
③”海賊女帝”ボア・ハンコック
④”海峡”ジンベエ
⑤”暴君”バーソロミュー・くま
⑥”天夜叉”ドンキホーテ・ドフラミンゴ
⑦ゲッコー・モリア

旧王下七武海のメンバーですね。

 

その旧王下七武海のモデルが『七英雄』

40

七英雄はスーファミの「ロマンシング・サガ2」に登場するボスキャラたちです。

この七英雄と王下七武海の特徴がとても似ていることから、モデルになったと考察されています。

《ロマンシング・サガ2情報》

ロマンシング サ・ガ2

1993年に発売されたスーパーファミコン用のゲームソフト。

【あらすじ】
はるか昔、世界を救った伝説の7人の英雄「七英雄」。1000年の時を経て世界のピンチに現れる。しかし敵として。。七英雄を倒し、世界を統一するために皇帝(主人公)は旅だった。

見比べてみるとわかります。

こちらは七英雄↓

《七英雄の特徴》

①ワグナス…国の支配をもくろむ七英雄のリーダー
②ノエル…紳士的な天才剣士
③ロックブーケ…相手を魅了する女戦士の村の女王
④スービエ…海流を操り攻撃を行う半魚人
⑤ダンターグ…体を強化改造した神出鬼没の暴君
⑥ボクオーン…各地で部下が暗躍。エグい商売をする操り人形
⑦クジンジー…ゾンビや霊体を配下とする嫌われ者

こちらは王下七武海↓

《旧王下七武海の特徴》

①クロコダイル:アラバスタ国支配をもくろむ
②ミホーク:最強の剣士
③ハンコック:七武海の紅一点。相手を魅了し石化させる
④ジンベエ:魚人族の長。海中で驚異的な強さ
⑤くま:“暴君くま“の異名。パシフィスタという改造人間
⑥ドフラミンゴ:他人を操る。国を乗っ取り闇商売
⑦モリア:ゾンビを部下とする

細かく見ていきましょう。

①ワグナス→クロコダイル

41

ワグナスは七英雄のリーダー。
男性ですが、女性的な姿をしているのが特徴。
敵国の同士討ちを狙い国の支配をもくろみます。

クロコダイルも国の支配・同士討ちを目論みました。
また性別がはっきりしないところも、似ています。

②ノエル→ミホーク

42

ノエルは冷静沈着な天才剣士
紳士的で七英雄のまとめ役。
ちなみにワグナスとは親友でロックブーケの兄。

一方ミホークも世界一の剣士であり、その振る舞いは冷静で紳士的。
ゾロを殺さずに生かし、稽古までつける魅力的なキャラ。

③ロックブーケ→ハンコック

44

ロックブーケは女戦士村の女王であり、ノエルの妹。
男性を魅了する能力を持ちます。
また一人の男性に異常に執着するという一面も。

ルフィにぞっこんのハンコック。
相手をメロメロにさせて石化する能力を持ちます。

④スービエ→ジンベエ

43

スービエは海の戦闘を得意とし、海流を自由に操ることもできます。
半魚人にして、ワグナスの従兄弟という設定。
古代での職業は建築業。(ぽい〜笑)
サーフィンが趣味。

ジンベエは魚人の長。
魚人空手を使って、海流を意のままに操ることもできます。

⑤ダンターグ→くま

46

ダンタークは古代から暴れ者として有名だった暴君
自分の体を強化することに執着。
古代での職業は傭兵。

バーソロミュー・くまは、”暴君”くまの異名を持地ます。
また政府に体を改造され、人間兵器パシフィスタになりました。
“神出鬼没“というキーワードもぴったりなキャラ設定。

⑥ボクオーン→ドフラミンゴ

45

ボクオーンは相手を操り人形にしてしまいます。
ズル賢さも有名で、闇商売で金儲けをしていました。
古代での職業は法律家。

ドフラミンゴも敵をマリオネットのように操ります。
パンクハザード〜ドレスローザ編でも、悪どい商売をしていました。

⑦クジンシー→モリア

47

クジンシーは七英雄の対立の歴史を作った張本人。
ゾンビが部下で、魂を奪う能力を持っています。
古代での職業はサラリーマン。

モリアもゾンビが部下。
そして魂を盗む能力。(正確にはクジンシーは生命力を奪い、モリアは影を奪います)

 

王下七武海モデルの謎

しかし、なぜここまでモデルそのままの設定をしたのか。

隠すつもりなら六武海、八武海と人数の変更、能力も変えられたはず。

なのにどうして?

これは尾田先生が読み手に気づかせるための布石では?と考えているファンもたくさんいます。

他にも言葉遊びや物語遊びをしたストーリーが色々ありますよね。
例)ウソップ→オオカミ少年(イソップ物語)

王下七武海ネタもその一つなのでは?と憶測を呼んでます。

コアなファンだけがわかる尾田先生の楽しませ方なのかも。

こりゃハマる。

関連記事

  1. 【検証】アマゾンリリーの由来「アマゾネスと百合と蛇」
  2. 【剣技】ゾロの仏教用語の技名が深い
  3. 【検証】ウソップの嘘実現化【イソップ童話の関連性】
  4. 【南無】カルト的人気なウルージさんの秘密
  5. 【検証】ワンピース関連の実在童話まとめ【資料】
  6. 【検証】王下七武海の組織モデル「私掠船の制度」
  7. 【研究】九蛇海賊団の由来【メンバーまとめ】
  8. 【研究】仲間のタイトル「〜人目の法則」【資料】

ワンピース伏線

【検証】ウラヌスの正体「天候を操る装置説」

ここでは古代兵器「ウラヌス」について考察情報をまとめています。古代兵器『ウラ…

HUNTERxHUNTER伏線

【分析】HUNTER×HUNTER対比描写

ここではハンターハンターの心理描写「対比シーン」についての考察をまとめています。…

eBookJapanの感想

ebookjapanのココが使える!メリット・デメリットまとめ

ここが使える!ebookjapanの強み《メリット》漫画マニアの本屋さん「ebo…

ebookjapanの50~100倍キャンペーン過去データ

ebookjapanの「〇〇倍キャンペーン」漫画マニアの本屋さん「ebookja…

ebookJapanのマンガを購入した感想

ここではイーブックジャパンで電子漫画を初めて買った時の様子を書いています。買ったのはワンピー…

電子書籍ストアまとめ

PAGE TOP