ハンターハンター世界観

【研究】HUNTER×HUNTERとジブリの関連性【資料】

ここでは漫画「Hunter x Hunter」とジブリ作品の共通点について調べています。

特に「風の谷のナウシカ」にはいくつか似通ったストーリー性やキャラがいるようです。

ジブリと関係ありそうな情報を集めてみました。

 

【公認】クラピカのモデルは「王蟲」

・興奮すると眼が赤くなる
・怒りで我を忘れてしまう

クルタ族の「緋の眼」と王蟲の眼。

11巻No.96(96話目)の作者あとがきでも公表しています。

”王蟲”とは

スタジオジブリ作品 風の谷のナウシカ プルバックコレクション 王蟲 怒りの紅
王蟲は「風の谷のナウシカ」に登場する虫の王様的な存在です。
普段はおとなしいですが、怒ると国一つをたやすく滅ぼすほどの力を持っています。
怒ると目が赤くなるのが特徴。

 

【公認】センリツのモデルは「ナウシカ」

・楽器で暴走を止める

怒りで暴走するクラピカをフルートで落ち着かせるセンリツ。

その姿はまるで王蟲をなだめるナウシカ。

こちらも11巻62ページのコメントにて公認。

他、センリツのモデル候補
他にもユパやアシタカなどが候補に。
こちらはファン考察です。
内面的なキャラ設定が似てることから。
センリツは呪われた楽譜「闇のソナタ」を葬るためにハンターになりました。


出典:ジブリ博物館
・ユパ→腐海から世界を守るために旅をする
・アシタカ→呪いを受け、旅立つ

 

【検証】ラモットとクロトワ

・短く儚い夢(ある意味似てる二人)

こちらはファン考察。

共通点として、野心を抱くも儚い夢に終わってしまう描写。

・クロトワ「・・・・短ぇ夢だったな。殿下!!!」
・ラモット「短い…そして愚かな夢だった」

組織の者として二人とも優れた処世術を持っています。(ラモットは人ではないですが^^;)

キャラ分析


出典:ジブリ博物館
クロトワ

クシャナ配下の軍参謀。たたき上げの27歳。
脇役でありながら、評価が高い。
そのとぼけた振る舞いとは裏腹に優れた分析力を持つ。
理想的な管理職キャラとも名高い人気キャラ。


ラモット
蟻の兵隊長。上司嫌いの野心家。
新進気鋭、唯我独尊にしてサディスト。
我が道を行く野心家でありながら、身分相応の分別をわきませる策略家。
最終的にクズっぽい終わり方をする。

 

【検証】暗黒大陸の巨大生物デザイン

56_1

・生物がでかすぎる

暗黒大陸で登場した巨大生物。

右上昆虫に注目。

右上の虫がウシアブに似てる
暗黒大陸世界の片鱗が明らかになったワンシーン。
その右上に巨大な昆虫っぽい生物いますよね。
それがウシアブに似ています。
ウシアブはナウシカに登場した巨大昆虫。
こちらがナウシカに登場したウシアブ↓


参考:ジブリ博物館

巨神兵に似てる

ジンが暗黒大陸について、ゴンに語る際の描写。
そこに巨神兵っぽい巨大生物が描かれています。

 

【番外】躯とクシャナ

「HUNTER×HUNTER」ではなく「幽☆遊☆白書」より。

躯は幽遊白書のラスト20話で登場した人物で、モデルはクシャナ。

飛影との移動シーンで王蟲らしき要塞が登場しています。

キャラ分析


出典:ジブリ博物館
クシャナ
クロトワの上司。武装王女。
蟲の毒にやられた両足と片腕を金属で補足。
実は頭と胴体と片腕しかない女性。
聡明で冷徹だが、心暖かい軍の最高指揮官。

躯(むくろ)
魔界三大妖怪の一人。
最強の軍事力を誇る国の長。
過去の悲劇で右腕と右大腿部は機械化。
性別は女性で、飛影の上司的な存在。
のちにパートナー的な存在に。

ワンピース伏線

【検証】エースの刺青「AS・L」の真相

ここではエースの刺青について情報をまとめています。謎だった「エースのタトゥー…

HUNTERxHUNTER伏線

【分析】HUNTER×HUNTER対比描写

ここではハンターハンターの心理描写「対比シーン」についての考察をまとめています。…

eBookJapanの感想

ebookjapanのココが使える!メリット・デメリットまとめ

ここが使える!ebookjapanの強み《メリット》漫画マニアの本屋さん「ebo…

ebookjapanの50~100倍キャンペーン過去データ

ebookjapanの「〇〇倍キャンペーン」漫画マニアの本屋さん「ebookja…

ebookJapanのマンガを購入した感想

ここではイーブックジャパンで電子漫画を初めて買った時の様子を書いています。買ったのはワンピー…

電子書籍ストアまとめ

PAGE TOP