ワンピース旅行

グレイターミナルと「スモーキーマウンテン」

ここではワンピースに登場する「グレイターミナル」について書いています。

 

ゴア王国のゴミ山「グレイターミナル」

ゴア王国に点在したる「グレイターミナル(不確かな物の終着駅)」。

直訳すると「グレイ(灰の)ターミナル(駅)」。

ルフィ・エース・サボの幼少期に登場する街。

コルボ山の北にあるゴミ山で、いわばスラム街。

犯罪と病気が蔓延する無法地帯で、毎日国からゴミが運ばれてくるような場所でした。

まさに「掃き溜め」として描かれるグレイ・ターミナルですが、実際に存在した場所をモチーフにしています(公認されてます)

 

フィリピンの「スモーキー・マウンテン」

BASURA バスーラ [DVD]

フィリピン・マニラにかつて存在したゴミ投棄場。

(今は閉鎖されいます)巨大なゴミの山とその周辺のスラム街のこと。

そこには多くの住民が住み着き、さらにスラム化していきました。

名前の由来は、ごみの山から自然発火した煙が昇るさまから。

ちなみにバスーラ(BASURA)はフィリピン語で「ゴミ」。

尾田先生も言及した「想像を超える現実」

スモーキーマウンテンに関しては尾田先生もモデルとして公認した場所です。

62巻SBSにて触れています。

「現実っていうのは、僕らの想像を超える風景というものがたくさんある」

62巻SBSにて尾田先生のコメント

スモーキー・マウンテンの歴史

かつては漁をする村でしたが、1954年にゴミの投棄場になりました。

それ以来大量のゴミが投棄され1980年ごろには、フィリピンの貧困の象徴として有名に。

国のイメージもあり、政府は1995年に閉鎖。

スラム住民たちを周辺の仮設住宅などに移動した。ということになっています。

閉鎖後も過酷な人々
閉鎖したとはいえ、経済が良くなるわけではありません。
仮設住宅もスラム化しているのが現実のようです。

 

物語との共通点を考察

フィリピン政府の閉鎖理由は「国のイメージが損なわれる」こと。

ワンピースの世界観とリンクしてきますよね。

ワンピースの世界では貴族が「汚点」として全て焼きはらうことを決めました(そこにいる住民も含めて)。

現実ではそんなことをしないにしても、目的が一緒。

汚いものには蓋をする。

フィリピン政府の本当のところはわかりませんが、よく言われるのが、そういう歴史背景です。

ちなみにハンターハンターの「流星街」も、ここをモチーフにしたとされています。

 

まとめ

マンガの世界だけではない現実に起きている世界。

目を背けたくなるような現実。

ワンピースには、そういったメッセージ性が多いのも魅力の一つですね。

ワンピース伏線

【検証】革命軍とトランプカード【大富豪の関連性】

ここでは、ONEPIECEに登場する革命軍とトランプゲーム「大富豪」の関連性について調べています。…

HUNTERxHUNTER伏線

【研究】0巻の初登場キャラ「シーラ」の謎

ここではクラピカ追憶編に登場する「シーラ」という人物について書いています。彼女についての考察…

eBookJapanの感想

ebookjapanのココが使える!メリット・デメリットまとめ

ここが使える!ebookjapanの強み《メリット》漫画マニアの本屋さん「ebo…

ebookjapanの50~100倍キャンペーン過去データ

ebookjapanの「〇〇倍キャンペーン」漫画マニアの本屋さん「ebookja…

ebookJapanのマンガを購入した感想

ここではイーブックジャパンで電子漫画を初めて買った時の様子を書いています。買ったのはワンピー…

電子書籍ストアまとめ

PAGE TOP